ニキビ 種類別対策

ご自分の肌に出来やすいニキビをどのタイプが多いのかを知るところから

ニキビには、思春期ニキビ・大人ニキビの他に4つの種類があります。
赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ・黄色ニキビと分類しています。

赤ニキビは、炎症の起こっている状態で赤く腫れます。
白ニキビは、中に芯が残っている状態で、つぶれやすい傾向を持っています。
そして黒ニキビは、芯が酸化して黒ずんでいますので、白ニキビより治しにくいです。
最後に黄色ニキビは、中で膿んでいる状態で、場合によっては痛みを伴います。

体質によっても肌のコンディションによっても、これらのニキビが出る原因は変わりますが、今、起こっている状態には変わりないですね。
初期の状態なら自分で治す事も出来ますが、痛みを伴っている時は、皮膚科での治療をしないと治りにくいですよ。
早い段階で治療やセルフケアを始めないと、ニキビ痕が残る確率も高くなります。

4種類のニキビは、出ている症状が異なりますが、主な原因としては過剰な皮脂やアクネ菌という事に変わりはありません。
ただ、炎症を起こしたり膿んでいるケースでは、皮膚科治療で抗生物質があった方が治しやすいと言うことですね。
黒ニキビで酸化している部分も、皮脂コントロールや丁寧な洗顔をすることで予防できます。

白ニキビは特に注意が必要で、芯がなくなれば治る気がして潰してしまう人もいます。
一時的に小さくなって治療できた感じが出ますが、周りの皮膚が硬くなることで、ニキビ跡のクレーターとして残ります。
潰した時の刺激で、毛穴の防御機能が働くことからクレーターになり、ピーリングなどの特別なケア方法を使わないと改善するのが大変です。

病院でニキビ治療をするのは皮膚科だけではありません。
ホルモンバランスの問題があるなら、婦人科に通院して治療をしないと、根本的な改善ができません。
血液検査で確認してから、投薬をするのが一般的です。
漢方薬を使用すると、体質から改善できるのでニキビの出来にくい肌になる可能性が高いでしょう。
医薬品は即効性がありますが、漢方薬を使用すると時間がかかりますので、その点は医師との相談が必要です。
顔のニキビだけではなく、背中やおしりのニキビも多い方は、医療機関の利用も検討してみましょう。

まず、ご自分の肌に出来やすいニキビを観察して、どのタイプが多いのかを知るところから始めましょう。
タイプと原因に合わせたセルフケアは、スキンケアや食事、生活習慣の改善でも出来ます。
ただし、あまりにも悪化している場合には、皮膚科での治療をした方がニキビ痕も残らなくてオススメです。

"


ページトップへ戻る
Copyright(C) ニキビ対策の方法 All Rights Reserved.