ニキビ悪化 メイク

ニキビが出来ている時はつい濃いめのメイクをしていませんか?

ニキビが出来ている時は人に気が付かれたくないので、つい濃いめのメイクをしていませんか?
実はそれがニキビの悪化を招く原因になります。
クレンジングでもニキビを潰さないように優しく洗うことになります。
しかもクレンジング剤には刺激の強いものが使えませんので、十分にメイクを落とすことが出来ません。
洗顔が不十分で毛穴汚れが残ると、それはニキビを悪化させたり、新しいニキビの原因にもなります。
洗顔フォームを使ってW洗顔をしても、汚れが残りますので、メイクは控えめにしましょう。

日中にも濃いメイクの影響が出ます。
メイクの成分には油分が含まれていますので、過剰な皮脂が出ているのと同じ状態が続きます。
そして余分な油分が紫外線に触れることで、肌コンディションが悪化してしまうのです。
昔はメイクの油分で油焼けすると言われていました。
化粧品も進化して、そのようなトラブルは少なくなっていますが、ニキビ肌に濃いメイクをすることで、同じ状態になると思って構いません。
紫外線は肌の上で酸化を起こさせます。
赤ニキビで炎症が起きていただけとか、白ニキビの芯がある状態で酸化すると、黒ニキビに進む可能性もありますね。
治しにくいニキビは皮膚科での治療が必要になることもあるので、メイクの仕方は考え直した方が良いでしょう。
ただし、日焼け止めは十分につけないと紫外線ダメージが深刻になります。

メイク残りは毛穴の中だけではありません。
肌表面にも小さなシワがあって、目立ちませんがここにメイク汚れが残ります。
ターンオーバーの正常な方なら問題は小さいですが、ニキビ肌では新陳代謝もしにくいですね。
角質が剥がれ落ちるスピードが遅いこともあって、角質と汚れが蓄積していきます。
厚ぼったい角質層は、ニキビ対策の化粧水の浸透を邪魔しますので、スキンケアの効果まで落としていきます。
予防策をしていても十分な効果を発揮しなくなるのです。
ニキビ悪化をさせないためにも、メイクはナチュラルに仕上げて、クレンジングしやすい様にするのがオススメです。

クレンジングや洗顔フォームの選び方も大切です。
メイクが残らなければ良いと強めのものにすると皮脂が減少しすぎます。
これもニキビが悪化する原因になるので、合成界面活性剤が入っている洗顔フォームは避けましょう。
天然由来成分で洗った方が、ニキビの出来ている肌には優しいですよ。

優しい洗顔・クレンジングと、刺激の少ないスキンケア、そして薄めのメイクをしてニキビの期間を乗り切りましょう。
赤みを隠したくてもコンシーラーは使わないのが基本です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ニキビ対策の方法 All Rights Reserved.