ニキビ 食事

普段の食生活を調整すると治りやすくなります

ニキビは食事からの影響を受けて悪化することもあるため、改善するには食事を見直す必要もあります。
油っぽい食事が多ければ、皮脂量にも変化が出ます。
皮脂が過剰に分泌されると、アクネ菌を刺激して、ニキビが出来るための栄養を与えているようなものです。
肌に良いとされる成分が、ニキビを抑える効果も持っているため、食べ物から見直すニキビケアを始めましょう。

肌の快復力を期待するならビタミンB群の摂取がオススメで、海藻類やレバーに多く含まれています。
皮脂を抑えてニキビの炎症を鎮めるならビタミンCで、柑橘系のフルーツや生野菜に多く含有しています。
水溶性ビタミンには、以上の様なニキビ解消効果があります。

しかし、同じビタミンでも脂溶性のビタミンAやビタミンEを過剰に摂取すると、ニキビが悪化する可能性があります
油と馴染みが良いビタミンですので、過剰摂取で皮脂分泌を促し毛穴詰まりも起こしやすくなります。
適量を取っている分には構いませんので、年齢・性別に合わせた上限摂取目安を把握しましょう。

必要以上の油分を体から排出するには、食物繊維が役に立ちます。
便秘解消効果だけが注目されてしまいますが、食物繊維は腸内で脂肪分や糖分を吸着しながら体から出す作用もあります。
皮脂過剰にならないためにも、食物繊維で体の外に追い出すことも検討しましょう。
中性脂肪が多い人にもオススメの方法です。

脂肪分摂取をしたくないと考え、肉や魚を食べない人も出てしまいますが、それもニキビの悪化を招きます。
皮脂は適正な分泌量がないと肌バリアとして機能しなくなります。
肌が外的刺激に晒されたままになるので、雑菌がアクネ菌と結合しやすい状態になることからニキビが増えるでしょう。
食事でコントロールをするには、栄養分のバランスが大切なのです。

男性ホルモンの影響が強くてニキビが出る方は、女性ホルモン供花が必要なため大豆製品を増やしましょう。
大豆製品にはイソフラボンが多く入っていて、女性ホルモンのサポートが十分に出来ますよ。
全体の食事バランスを考えながら、この様にニキビ解消が出来る食べ物を付加するという考え方が基本となります。

どうしても治らないニキビがあれば、皮膚科でアドバイスを受けるのも良いでしょう。
ニキビ治療の知識や薬に詳しい専門家の意見を取り入れながら、普段の食生活を調整すると治りやすくなります。
正確にニキビの原因を知ることで、どうやって改善したら良いのかも判断しやすいでしょう。
赤ニキビや白ニキビと言ったタイプの違いは、体質の違いで出ることも多いからです。


ページトップへ戻る
Copyright(C) ニキビ対策の方法 All Rights Reserved.