ニキビ 対策

思春期に機微でも大人ニキビでも、優しく洗顔をするのが基本

ニキビは潰すと、後で対処が大変になります。
それがわかっているので、みなさん洗顔やスキンケアにも気をつけているのではないでしょうか?
また、ニキビ肌の方も悪銭ケアが出来る洗顔料を使いますが、それでもニキビは出来ますし、ブツブツと目立っていても洗顔を欠かすことは出来ませんね。
ついうっかりして潰してしまうのが、この瞬間なのです。

思春期に機微でも大人ニキビでも、優しく洗顔をするのが基本です。

出来物のあるなしに関わらず、ゴシゴシとこする刺激のある方法ではいけません。
「洗顔をしないで拭き取りだけしていればいいのでは?」と思う方もいるようですが、毎日朝晩の洗顔を欠かすことがあれば、汚れや汗とアクネ菌が結びついて、更にニキビが悪化してしまいます。

そこで洗顔フォームから見直していきましょう。
直接、肌に触れない洗顔方法として泡をクッション代わりにすることが出来ます。
ニキビに悩んでいない方でも泡洗顔で美肌ケアをしている人が多いため、洗顔フォームでも元々泡立ちの良い状態から使えるものがあります。
ホイッパーを使用して泡立てなくてもいいため、忙しい朝に最適です。
余分な角質や皮脂も吸着させながら、優しく洗えるので、アクネ菌ごと除去することが出来ます。
出来れば薬効もあった方が良いので、ニキビケア洗顔料を使用しましょう。

刺激の少なさを考えるなら、洗顔石けんもオススメです。
参考:洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング ←刺激の少ない洗顔石鹸のレビューがのっていました。
固形の石けんタイプを使用しますが、ホイッパーで十分な泡になりますし、合成界面活性剤のない石けん素地が利用されていると、肌に優しい洗浄力になっているからです。

ニキビ肌やニキビが出来ている時は、クレンジング洗顔料も変更する場合があります。
オイル系を使用していて、すすぎが不十分な場合、ニキビの悪化や増えるリスクもあるため、オイルを使用していないクレンジング剤をオススメします。

いずれの洗顔方法にした場合も、水洗顔で引き締め効果を出すのは避けましょう。
洗顔後にはニキビケア用品でスキンケアをしますので、薬効成分の浸透を阻害してしまいます。
ニキビ肌や、出来物が出来やすい方は、極端に引き締め効果を出せないものです。
徐々に、ニキビ肌改善が進んでいけば、他の肌タイプの方と同じ洗顔やスキンケアが出来る様になりますので、様子を見て変化を確認しましょう。

どんなに慌ただしい朝でも、ニキビがつぶれない細心の注意をしながら洗顔をしないと、肌にも深刻なダメージが残ってしまいますよ。


ページトップへ戻る
Copyright(C) ニキビ対策の方法 All Rights Reserved.